ばあちゃんが人気!

生後11ヶ月の子供が居ます。フジエさんはご高齢ですが、常日頃勉強されているようできちんと現代医学に基づいた知識があってこその発言をされています。育児や夫婦のことなど。

コチラですっ!

2017年06月17日 ランキング上位商品↑

ばあちゃん大丈夫やで ばあちゃん助産師のお産と育児のはなし [ 坂本フジヱ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

普段、本は全く読まないのですが 文字ばかりではないし、1つの話ごと区切られていて読みやすかったです。とくに 母乳指導とか。旦那さんや、結婚した人、妊娠中の人にも読んでもらいたいと思います。素晴らしい本で、一気読みしてしまいました。妊婦さんには是非読むと良い本と推薦します。おじいちゃんおばあちゃんもひっくるめて、家族で見守るもの。わたしは 近くに助産院などないため!総合病院系で出産予定ですが近くにあったら 利用したいですねぇ。坂本さんの人柄が伝わってきました。こちらの助産師さんは和歌山の地元密着のお話。お互い楽になったようです。2回めの妊娠を機に購入しました。妊婦の友達にプレゼントしました。自分の母親が言うのとは違うんです。本を読む時間も 少しとれるようになったので、もう少しの間 おもしろい本を読んでみたいです。昔と今の産院の指導も違ってきてますよね?自分の母親との世代間の違いの意見の食い違いも母親に読ませたら口やかましくなくなった気がします。うちの旦那さんは本が苦手ですが!読みやすいのでお父さん向けのところと!育児のところを読んでました。私は妊娠後期に入り病院で出産シーンのビデオを見てとても不安な時に出会いました。ちらっと読んで帰宅したらやっぱりじっくり読みたいと思い購入4ヶ月の子供だけでなく4歳の上の子にも通じる内容でこれから欠かせない本になりそうです素敵なばあちゃん先生のリアルな日常がかかれていました!来週第2子出産予定の妊婦ですが!予定日が近づくにつれ!またあの最強の痛みがくるのかとそればかり考えて憂鬱になってましたが!本を読んで忘れかけてた赤ちゃんとの感動の対面を思い出しました。なかなか おもしろかったです。フジエさんはおばあちゃんならではの頼りになる温かい言葉で!時には洒落っけたっぷりユーモアを交えてお話してくれます。産前産後まで役に立ちそうです。お母さんになる人だけでなくお父さんも読むべき本です。これから妊娠希望の方!妊娠がわかった方!出産前で不安になっている方!ご主人。言葉にするのは難しいですが、お腹に居る間、産まれて来る時の話はとてもホンワカした気持ちになりました。とにかく、こちらの本、出産に不安を抱いている方にお勧めです。ところがこの本で、とても穏やかになれたのです。著者の坂本フジエさんは87歳のおばあちゃん助産師さん。とても喜んでくれていました。これは何度も読み返したくなる心のビタミン剤。初めての妊娠の方には良いです。心や気持ちがゆったりする本です。読めてよかったです。ショップレビューでなかなか届かないなど見たので心配しましたが!注文後5日で届きました。女性だけでなくパートナーの男性も必読ものです。。読んでよかったとつくづく思いました。助産師さんの生き方や考え方がしたためられてる本。どの時期に読んでもいいと思います。妊婦期には不安なことだらけですが!安心できる気持ちになれます。娘が助産師のタマゴなので、読ませてあげようと購入しましたが、長女の妊娠がわかり是非読ませようと考えています。昨夜私も読みましたが!心が穏やかになります。ちょっと気持ちが息詰まったときに開くと「大丈夫やで」とフジエさんが語りかけてくれますよ。すでに2回くらい 読みました。初めての子供が産まれて1ヶ月経った頃、たまたま新聞広告でこの本の存在を知りすぐに買いました。もう少し読みごたえがあっても良かったので!マイナス1です。まだ半分しか読んでいませんが、とてもいいです!!発送がかなり遅く、出産に間に合わないかもと心配でしたが、こちらは出産後でも読んだ方がいいと思います。是非、新婚さんや妊娠がわかってすぐのカップルに見ていただきたい。出産を間近に控え、何となく怖さも出てきてしまった時、ある方のブログで紹介されていたこちらの本を購入しました。今はいない自分のおばあちゃんに語りかけられているようで不安な気持ちが少しずつ減っていきました。それまで嫁とともに悩んでた事がスーっと解消した感じです。この本はいわゆる単純なQ&A式のハウツー本ではなく!いろんな疑問やちょっとしたことなどにフジエさんが語りかけてくれる。。。とてもタメになりました。考えや人生観が何かしら変わる本だと思います。読んでいて涙が自然に溢れていました。妊娠中に読みたかったなぁとも思いますが、今、読めた事に幸せに思えます。1度目の出産で、助産師さんというお仕事への尊敬の念が高まって、もっと知りたくなったこと、長きに渡り出産の現場に携わっていらっしゃる著者に心惹かれたのが動機です。助産師生活66年、今なおバリバリ現役。現代のいいところも認めながら、お産のことについて書かれているので、ふと気が楽になります。赤ちゃんは自分が生まれたいと思ったときに生まれてくるということで、なんだか赤ちゃんの力を信じて、自分も前向きに一緒にがんばろうという気持ちになりました!産前に読めてよかったです!何かで見て気になり、購入しました。この本の口コミを見たら人気があるようなので購入しました。同じようにはじめてのことで不安に思っているだろう主人にも難しくないので読んでもらいました。第一子の時に産褥期助産院にお世話になりましたが!拘りが強いロハス助産院さんでした。ネットや雑誌での妊娠知識も必要ですがぜひこちらも読んでみて欲しいです。本を読んで良かったです。現在妊娠8ヶ月!漠然と不安の中で過ごしていました。人として、母として大切な事がたくさんで、心を柔らかくしてくれるような本です。妻が読むのですが少しでも安心して出産を迎えられればと思います。この助産師さんの番組を以前にみていたのですが!近くだったら私もこういう考え方の方の元で出産したかったです。母親がいつまでも痛みを怖がっていたら赤ちゃんは生まれてこない。1人目が1歳になりましたが、妊娠中に読みたかったです。そんな本です。坂本先生の他のシリーズも読みたくなりました。産んでからも役に立つ本です。。妊娠!出産!子育ては!けして母親一人のものではありません。助産院にかかっていると同じようにフォローしてくれるのかも知れませんが!一般的な産院で産む私は心だけが置いてけぼりになっていたんでしょうね!涙が止まりませんでした。子供も人間、個性があってそう簡単にマニュアル通りにはいきません。旦那さんが読んでもいぃ本です。。